オスグッド・シンスプリント

HOME > オスグッド・シンスプリント

オスグッド

オスグッド病とは、小学校高学年から中学生の成長期にスポーツのやりすぎによって生じる膝の痛みです。 実際には膝関節ではなく、その少し下にある「脛骨粗面」に痛みが生じます。 スポーツで、ダッシュやジャンプする動作を反復することによって、大腿部の筋肉が緊張し、脛骨粗面に付着した膝蓋靱帯が引っ張られて痛みが生じます。

シンスプリント

シンスプリントは、新しい環境(進学時)や運動量が急激に増えたりする時期によく発生し、運動が盛んな年齢である10歳代~40歳代に多くみられます。

特にジョギングやマラソンなど陸上競技やバスケットボールやバレーボールのようにジャンプをする運動、テニス等の急激な横運動を行うスポーツの方に多くみられます。

特に脛の下から1/3の高さに痛みがでます。 また、激しい痛みではないために我慢を続けて骨に負担をかけてしまい、疲労骨折になることも珍しくありません。

オスグッド・シンスプリント 症例集

東大阪市 菱江町 10代 女性(シンスプリント)

 学校のクラブでテニスをされており、練習の内容に素振り・走りこみが増えると共に、右下腿部に痛みがでてきたため、来院されました。

 下肢のマッサージやストレッチ、患部のアイシングを行ないました。そして、ハムストリングスとふくらはぎに電気治療をし、患部にPNF電気治療を行いまいした。

 二回目の来院で、殆ど痛みが緩和されました。しかし患部の痛みがましになっても、更に下肢筋肉を緩和する事が大切なので、通院されるようにお勧めしました。

東大阪市善根寺のKさん 10代男性

K君は中学校で野球部に所属しており、練習では走ったりする事も多く、
最近夜寝ていると両膝、特に左膝がズキズキと痛むので整形外科に行ったところ、成長痛(オスグット)と診断されました。

腰・下肢の筋肉のマッサージとストレッチを行い、両膝にPNF電気治療を行いました。

週1~2回程度通院されていますが、極力下肢の筋肉に疲労を残したままにせず、
運動前後のストレッチに時間をかける様に指導しました。

大東市栄和町10代男性 Tさん

Tくんは1週間に3~4回サッカー教室に通い、サッカーをしています。
特に練習でぶつけたり、捻った事は無いのですが、最近右膝が痛むという事で来院されました。

ふともも、ふくらはぎの筋肉のはりが強かった為、重点的に緩めていきました。
また、右膝にPNFの電気治療も行いました。

週3~4日、夜遅くまでサッカーの練習があるという事で週2回ほどの通院となりましたが、下肢の筋肉のストレッチを必ず行うように指導しました。

トップへ